ユーチューブに動画をアップロードしただけで広告収入が得られると思っていませんか?
違いますよ、広告収入が得られるように設定しなくては1円も稼げません。

ここではユーチューブの設定のやり方を説明します。

 

ユーチューブで広告収入を得るやり方

AdSenseアカウントはすでに取得している前提で話を進めますね。

 

まずは動画1本をアップロードします。

右上のアイコンをクリックして、次に「クリエイタツール」をクリックします。

 

左側の「チャンネル」をクリックすると、


 

 

ステータスと機能」の画面になり、「収益受け取り」の「有効にする」をクリック。

ここに「お住まいの国を選択してください」とでていたら、クリックして先に選択設定すれば「有効にする」が表示されます。

 

 

YouTubuパートナープログラムの利用規約を読み、内容に同意します」の「開始」をクリック。

 

 

利用規約を確認したら、同意事項3つともにチェックをいれます。

 

 

AdSenseに申し込みます」の「開始」をクリックします。

 

 

次へ」をクリック。

 

 

AdSenseへようこそ」の画面になります。
AdSenseのアカウントと今ユーチューブにログインしているアカウントのアドレスが同じだったら「はい」をクリック。

違うアカウントの場合は別のやり方があるのでそちらを参考にしてください。

Googleアドセンスの紐付け方(動画)

 

 

 

コンテンツの言語」で「日本語」を選び、「関連付けを承認」をクリックします。

 

 

収益化の設定をします」の横にある「開始」ボタンを押します。

 

 

ここでは広告のタイプを選びます。
あとで変更できますので、一応全部チェックしておいてOKです。
そして「保存」をクリックします。

 

 

4番目の「視聴回数が10,000回に達した後に、審査を受けます」はチャンネルの視聴回数が累計で10,000回を超えた時点で審査があり、通れば広告が貼れるということです。


10,000回を超えるために動画をアップしていきましょう。

10,000回を超えたら

めでたく審査が通ったら動画を収益化してください、というメッセージがあります。

 

動画の編集画面からできます。

広告で収益化」にチェックをいれます。

 

 

動画の管理画面から「操作」の中にある「収益化」で一括操作もできますが、いまいち完璧ではなくチラホラと抜けがみられます。

 

 

収益化の設定ができていれば$マークが緑色になります。


 

以上でユーチューブ側の設定は終わりです。
これで動画をアップすれば自動的に広告がでますので、報酬が発生しますよ。