2017年4月のYouTubuの広告に関するYouTubuパートナープログラムを改定しました。 これは大手広告会社が撤退したためともいわれ、YouTubu側は広告について、改定することで野放しだった広告に規制をかけたいようです。

事実今まで広告が貼られていたのが突然消えているのです。

‘一部の広告主に適していないと判断されたため、広告掲載が制限されているか、広告が全く表示されていません。’
と、表示されます。

理由は「暴力的、差別的、性的」なコンテンツ動画しか作れないなら、消えていくだろうとYouTubu側が考えているようです。
だが、その余波がゲーム実況コンテンツにまできているようです。格闘シーンなど暴力的で流血もあるからだとか。
たくさんのyoutuberさんが辞めるか続けるかの瀬戸際に立たされています。

そんななか驚いたのが、ある美容系のYouTuburさんがアトピーの持病をもっていらして、炎症を起こしたご自分の首などを動画にしたら、規制がかかったそうです。視聴者を不快にさせる動画はだめだとか。
そこまで規制するのか、と思いました。

今回の規制に、暴力的なシーンをモノクロにしたり、カットするなど対策をとり始めたYouTuburさんも多いです。
でもこれではおもしろみがなくなるような気がします。「こどもにも見せられる動画コンテンツ」をと謳いながらYouTubu側は既に18歳以下には視聴規制をかけていますよね。
YouTubuはおとなも観ているのです。

この規制がYouTubuの思惑通りになるか、はたまた意外な方向へ進むのか。